« 入間アウトレット&COSTCO | トップページ | ねこまがとうさん »

2008年5月25日 (日)

ビバークトレーニング

2008/5/22-23の間、いわき市中心街から車で30分ほどの屹兎屋山 (875m)でビバークトレーニングをしました。

P1000145_5

<メンバ>
 会社の先輩であり山人仲間である雷庵さん、自分

<登山ルート>
猫鳴山と同じ南側からの登山口からが一般的だが、今回は夜間行動なので北側登山口を利用(山頂まで30分弱)。

<トレーニング内容>
 ・夜間での行動
 ・夜間での食事
 ・ビバーク(ツェルト設営)
 ・ビバーク後の行動

<トレーニングでの所感>
・ヘッドランプは考えていた以上に明るく、登山道がしっかり確認できればある程度の行動も可能だと感じた。
 →分かりにくい登山道の分岐点などでは周囲の状況が十分に確認できないので、地図による判断ができるように勉強が必要だと感じた。
・忘れ物が多かった(そのおかげでトレーニングは充実したが)ので、持ち物チェックシート作成して道具の不備に備える。
 →食事道具、ペグ、寝袋などなど
  足りないものは雷庵さんに借りてしまいました
  雷庵さんすみませんでした。。。。。
・夜間は虫がライトに反応して寄ってくるので、虫除け対策必須。
 →コーヒータイムや食事中に虫が容器に入ってしまったのでなるべく虫を近づけない工夫が必要。
・ツェルトの寒さ対策。
 →換気口はなるべく閉じて寝る前は暑いくらいが丁度良いと思った(窒息の注意は必要だが)。また下からの風が強く吹きつけたので下からの風対策、ツェルト設営場所にも工夫が必要だと感じた。
・寒さであまり寝た感じがしなかったが、AM4:00に朝食をとりお隣の猫鳴山まで(往復6km)縦走した。疲れもあまり感じなかったので次回以降は縦走距離を増やして体力、環境順応能力を強化していきたいと感じた。

来週は福島の名峰、会津駒ケ岳の残雪を楽しんできます

人気ブログランキングに登録中です!ご協力頂けたら幸いです。
↓↓↓↓↓
 

Banner2

|

« 入間アウトレット&COSTCO | トップページ | ねこまがとうさん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

2008 登山」カテゴリの記事

トレーニング」カテゴリの記事

登山活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビバークトレーニング:

« 入間アウトレット&COSTCO | トップページ | ねこまがとうさん »